女性

種類が豊富

化粧品

コスメの種類は、たくさんあります。チークだけでもパウダータイプやクリームタイプ、クレヨンタイプなどがあるのです。また、チークの入れ方もさまざまです。目の下や頬の外など、その日の気分に合わせてメイクアップするのもよいでしょう。

肌の潤いを保つ

化粧水

種類ごとのメリット

セラミドとは、皮膚の角層に存在する成分の一つです。水分を抱え込む性質を持っており、肌の潤いを保ち、乾燥を防ぐ役割を担っています。セラミドが減少すると、肌は乾燥しやすくなり、肌のハリや潤いが失われてしまいます。セラミドの保湿効果は、化粧品業界でも注目されており、セラミド配合の化粧水が各メーカーから発売されています。しかし、多くの種類の化粧水が販売されているので、どれを選べばいいか迷ってしまうかもしれません。化粧水を選ぶときは、化粧水に配合されているセラミドの種類に注目して下さい。種類によって、異なる特徴があるからです。「ヒト型セラミド」は、肌機能の改善に最も効果が期待できる成分です。人の持つセラミドと同じ構造でつくられているため、肌に浸透しやすく保湿効果が高いといわれています。その上、低刺激で肌に優しく、敏感肌の人でも使いやすいというメリットがあります。「ヒト型」以外にも、石油原料を合成してつくられた「擬似セラミド」があります。セラミドと似たような構造を持っているものの、人間の肌にあるセラミドとは組成が異なるので、「ヒト型」より効果は弱いといわれています。ただその分、成分の原価が「ヒト型」より安いので、メーカー側も大量配合しやすく、消費者にとっても安価で入手できるというメリットがあります。それに、「ヒト型」より効果が弱いといっても、配合量が増えれば、肌機能を改善する効果も十分期待できます。

デリケートなお肌のために

女の人

敏感肌でも安心して使用できる化粧水を選ぶためには、まず無添加で安全性の高いものを選ぶことが大切です。また、自然派のスキンケア製品であっても、万が一トラブルを引き起こさないよう、一度目立たない部分で試してからお顔に使用しましょう。

肌のかさつきをケアしよう

女性

乾燥肌をケアするには、化粧品に含まれている美容成分に注目してみましょう。ヒアルロン酸は高い保水力が魅力の美容成分です。高濃度のものを使いたい場合は、クリームや乳液がおすすめです。プラセンタエキスは肌の新陳代謝を高めるので、乾燥と同時にシミ対策できるのが魅力です。